Sphero mini

訳あって入手したSphero mini。

 

f:id:xryumon:20171227230929p:plain

https://store.sphero.com/collections/sphero-mini

SpheroはスターウォーズのBB-8の制作にも

協力していることで有名ですが、Sphiro miniを

入手するまで実は知りませんでした。。

 

ということで、まずは触ってみてどうだったか

を書いていってみようかと思います。

 

アプリ注意点

で、いきなり普通の人がたどらない道を行って

しまうわけなのですが、、

通常はSphero mini専用のアプリをインストール

すれば、すぐに動かせる状態になるのだと

思うのですが(自分が知らないので憶測)、

私が今使っているスマホは相当古く、

Android4.4.2までしか対応できない模様。で、

それだとSphero mini専用アプリはインストール

できないらしいです。

せっかく入手しても使えないんではただの

ちょっと重たいピンポン玉じゃん、

と思いつつ調べてみると、Sphero Eduという

アプリでも対応しているようなので、

とりあえずそちらをインストールする

ことに。

起動画面はこんな感じです:

 


f:id:xryumon:20171227224241j:image

 

 

接続

まずは本体を充電し(USB給電)、フル充電状態の

グリーン色になったらそのあと本体への初期

ダウンロードが必要とのことで、別の記事も

参考にさせていただいて何とか終了。

で、スマホとのBluetooth接続となるわけですが、

入手した個体特有なのかしりませんが、なかなか

接続してくれない。

スマホ自体の設定画面から直接のBluetooth

ペアリングはできるようで、この接続不良の原因は

いまだよくわかりませんが、アプリのガイドライン

表示されるイラストのようにスマホと本体を

くっつける位近づけた状態でしばらく待っている

と接続されるみたいです。何回もトライした

わけではないのでまだ確証はもてませんが。

(うーん、Bluetoothって確か無線の筈なのだが...)

 

プログラム

なんとか接続できるようになったのち、

アプリ画面を触りながらなんとなくプログラム

する雰囲気をつかんでみました。

プログラムといってもスマホなので文字が

サクサク打てるわけではありません。

ではどうやっているかというと、プログラムで

必要な構文パーツや基本動作コマンド等を

画面下のメニューからドラッグ&ドロップで

拾ってはおいていくという作業で作っていく

ようですね(文面だけだと伝わらないかも)。

この感覚は新鮮で、確かにそれぞれのパーツの

意味が分かれば、キーボードなくてもプログラム

できちゃうなぁと思いました。

そんなこんなで、ひとまず自律して動く様に

プログラム。本当はもう少し高度なことを試し

たかったのですが、まったく思ったように動かず

まだまだ納得いく出来ではないですが、

落としどころとして以下の様なのが出来ました:


f:id:xryumon:20171227224829j:image


f:id:xryumon:20171227224849j:image

 

この画面の下部分がメニューになっていて、

そこから所望のものをドラッグしては本文中の

所望のところに置いていくイメージです。

条件分岐や変数定義などもできるので、

プログラミング経験のある方であれば勘が

利くのではないかと思います。

ちなみにここまで来るまでにも色々と

試行錯誤しています(まだ試行錯誤中)。

 

ひとまず備忘録的に挙げてみます:

 

・方向変えるのに一苦労

 停止コマンド入れた後ディレイ(何も

 しない時間)を入れないと、完全に

 止まる前に次の動作をし始めるので

 結果想定した動きにならない

 

・床との関係?

 フローリングで摩擦係数のせいなのか

 90°方向変えるつもりなのに実機では

 45°位にしか変わっていない

 

まだまだプログラム時点での想定と

実機の振る舞いが一致してないですが、

それはそれでなにか物を作っている

感覚でなかなかに楽しめてます。

 

作成したプログラムはSpheroのコミュニティ

に投稿できるみたいで、実際そこには既に

全世界のユーザーの秀逸なプログラムが

たくさん出ているみたいなので

もう少しまともなものが出来たら自分も

投稿してみようかと思います。